【コストコ】クッキー生地をアレンジ!子供と簡単クッキング

今回はコストコで販売されている生のクッキー生地、「Eat Pastryクッキードゥ」のアレンジレシピについて詳しくご紹介します。

この画期的な商品はわずか10分で焼き立てのクッキーが楽しめるんですよ!

しかも、焼く前の生地をそのまま食べることもできるんですから驚きですよね。

子どもと一緒に楽しめるアレンジレシピがたくさん!

さらにおすすめの保存方法もお伝えしますので、ぜひご覧ください。

コストコのクッキー生地ってどんな商品?

商品概要

コストコで販売されている「Eat Pastryクッキードゥ」のチョコレートチップ生地は、1,098円(税込)で1,370gの内容量を誇ります。

このクッキー生地は、遺伝子組み換え食材を使用しておらず、安全性にも配慮されています。

やっぱり子供に食べさせるなら安全は第一ですもんね!

一つ一つのクッキー生地には、たっぷりのチョコチップがゴロゴロと入っており、贅沢な味わいを楽しむことができます。

原材料は、小麦粉、砂糖、植物油脂、チョコチップ、アップルソース、コーンスターチ、食塩、膨張剤、香料、乳化剤、乳酸、アナトー色素、V.C

100gあたりのカロリーは428kcalです。

全部食べた時のカロリー計算はしてはやめておきましょう(笑)

この後で詳しく書いていますが、長期保存もできるので少しずつ食べましょうね!(自戒も込めて)

特徴的な点

「Eat Pastryクッキードゥ」のクッキー生地は、焼く前の状態で提供される点がとてもめずらしいですね!

日本ではなかなか見ない商品で、クッキー作りをより手軽に楽しむことができます。

子共とクッキー作りをすると、粉が舞い…バターがあちこちについてべとべとになり…

後片付けのことを考えると大変すぎてあまり頻繁にはできないですよね。

この商品はすでに生地の状態で売っているので、あとは好きな形で焼くだけ!

毎日でも子供とクッキングを楽しめちゃいますね。

また、卵や牛乳が使われていないため、アレルギーを持つ方や特定の食材を避ける方にも適しています。

さらに、高品質な加熱済みの小麦粉を使用しており、安心して生で食べることができます。

実は私、生のクッキー生地が大好きでして…

子供のころはお腹を壊すから食べちゃダメ!と言われていたので、親の目を盗んでこっそりボウルに残った生地を食べていました(笑)

この商品ならお腹を壊すことなく生のクッキー生地を食べられますね!

あの頃の私におなかいっぱい食べさせてあげたかったです…(笑)

保存方法と賞味期限

パッケージを開封したら、3〜4週間以内に食べきることを推奨します。

食べきれない場合は、冷蔵保存または冷凍保存が可能です。

冷蔵保存する際は、密封容器に入れて保存しましょう。

冷凍保存する場合は、切ったり形を整えたりした状態でラップや密閉袋に入れ、冷凍庫に保管します。

解凍時には室温に戻してから使用すると、クッキー生地の風味や食感をより楽しむことができますよ!

基本の焼き方

「Eat Pastryクッキードゥ」のクッキー生地は、オーブンで焼くだけで簡単に美味しいクッキーを楽しむことができます。

以下に焼き方の手順をご紹介します。

クッキー生地を取り出し、オーブンを予熱します。

温度設定は177℃が推奨されていますが、180℃でも問題ありません。

クッキングシートを敷いたオーブンの天板にクッキー生地を並べます。

生地は柔らかいため、スプーンなどで適当な形に整えて大丈夫です。

子供と一緒に作る際は、型抜きもたのしいですね。

型抜きをするには柔らかすぎるので、生地に小麦粉を加えて練り、少し固くするとやりやすいですよ。

クッキー生地をオーブンで7~10分程度加熱します。

焼く枚数やオーブンの性能によって焼き時間は異なるため、少しずつ様子を見てください。

生でも食べられる生地なので、焼き時間は少なめでも安心ですね。

焼き上がったクッキーはまだ柔らかいので、冷まして完成です。

冷めると表面はサクッとした食感になります。

お好みの硬さや食感で楽しんでください。

このように、コストコの「Eat Pastryクッキードゥ」のクッキー生地は簡単に焼き立てのクッキーを楽しむことができます。

ただ焼くだけでもとっても美味しいので、まずは基本のクッキーを焼いてみてくださいね!

コストコのクッキー生地でアレンジレシピ

コストコのクッキー生地を使ったアレンジレシピを紹介します。

さらに美味しく、また見た目も楽しめますよ!

カンタンにできるので、子供と一緒に挑戦してみてくださいね。

 クッキーアイスクリームサンドイッチ

アイスクリームサンドイッチは、夏にぴったりの涼しくて美味しいスイーツです。

まずはクッキー生地を焼き、冷めたらアイスクリームを挟んでサンドイッチにします。

バニラやチョコレートアイスクリーム、フルーツ味など、お好みのアイスクリームを選んで楽しんでください。

さらに、クッキーの外側にチョコレートやナッツをつけると、より豪華な仕上がりになります。

フルーツトッピングクッキー

焼き上がったクッキーに、フルーツのトッピングをのせて彩りを加えましょう。

イチゴやブルーベリー、キウイ、マンゴーなど、お好きなフルーツを選んでクッキーの上に盛り付けるだけです。

フルーツの甘さと酸味がクッキーと相性抜群で、見た目にも華やかな一品になります。

パーティーやイベントのデザートにもおすすめですよ。

チョコレートチップパンケーキ

クッキー生地の一部を小さなパンケーキに焼き上げて、チョコレートチップパンケーキにアレンジしてみましょう。

様子を見ながら牛乳を混ぜ、適度な柔らかさになったら生地をフライパンで焼けば、ふんわりとしたパンケーキができます。

チョコレートチップが溶けて、甘さと香りが広がりますよ。

メープルシロップやホイップクリームを添えて、休日の朝食やブランチにもおすすめです。

クッキーシェイク

クッキー生地を冷凍しておき、ミキサーやブレンダーで氷と一緒にブレンドすると、クッキーシェイクが完成します。

濃厚でクリーミーなシェイクに、クッキーの食感と甘さが加わり、絶品の味わいを楽しむことができます。

バニラアイスクリームや牛乳を加えても美味しく仕上がります。

暑い季節にぴったりの涼しくて楽しいドリンクです。

クッキー生地を冷凍する際に薄く延ばしておくと使いやすいですよ。

チョコレートチップチーズケーキ

クッキー生地をクランブル状にして、チーズケーキのベースとして使用しましょう。

クッキー生地を型に敷き詰め、クリームチーズや砂糖、卵、バニラエッセンスなどを混ぜ合わせたチーズケーキの生地を流し入れて焼きます。

焼き上がったら冷やして完成です。

チョコレートチップの風味が加わり、クッキーとチーズケーキの組み合わせが絶妙な味わいを楽しむことができます。

クッキーチャンキーアイスクリーム

焼いたクッキーを砕き、お好きなアイスクリームに混ぜ込んで凍らせましょう。

クッキーの食感とチョコレートチップがアイスクリームに入り込み、おしゃれで美味しいアイスクリームが完成します。

バニラアイスクリームやチョコレートアイスクリームなど、お好きなフレーバーを選んで試してみてください。

チョコレートチップパン

クッキー生地を一つ一つ丸めて、パンの形にして焼きましょう。

クッキー生地の中にチョコレートチップがたっぷりと入り、ふんわりとしたパンのような食感に仕上がります。

朝食やおやつにぴったりで、一つずつ持ち運ぶのも楽ですよ。

 

コストコのクッキー生地を使ったアレンジレシピをご紹介しました。

クッキーアイスクリームサンドイッチやフルーツトッピングクッキーは、見た目にも美しく、味も豊かなスイーツとして楽しむことができます。

また、チョコレートチップパンケーキやクッキーシェイクは、朝食やブランチの一品としてもおすすめです。

クッキー生地を使って自分なりのアレンジを加え、ぜひ家族みんなで楽しんでくださいね。

アイデア次第でさまざまなバリエーションを作り出すことができますよ!

コストコのクッキー生地の保存方法

冷蔵保存

開封したクッキー生地は、密封容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

冷蔵保存によって、クッキー生地の風味や食感を保つことができます。

冷蔵庫の温度が一定で、湿気の少ない場所を選んで保存しましょう。

開封後は3〜4週間以内に消費することが推奨されています。

冷凍保存

クッキー生地を冷凍保存すると、長期間にわたって新鮮な状態を保つことができます。

3〜4週間以内で使いきれなさそうな分は早めに冷凍保存しましょう。

保存する前にクッキー生地を一度で使う量ずつに分割し、ラップやジップロック袋に入れて密封します。

冷凍保存によってクッキー生地の風味が損なわれることはありませんが、凍った状態から焼く際には解凍する必要があります。

解凍方法

冷凍保存したクッキー生地を使用する際には、解凍してから焼く必要があります。解凍する際には以下の方法を試してみてください。

室温解凍: クッキー生地を冷凍庫から取り出し、室温で自然に解凍させます。解凍には約30分から1時間程度かかることがあります。

電子レンジ解凍: クッキー生地を電子レンジで解凍する場合は、低出力や解凍モードを使用し、数回に分けて10〜15秒ずつ加熱します。途中でクッキー生地が温まりすぎないように注意しましょう。

オーブン解凍: クッキー生地をオーブンで解凍する場合は、低温(約50℃)で数分間加熱します。一部のオーブンでは、オーブンの照明灯を点けた状態でも解凍できる場合があります。

注意点として、解凍したクッキー生地を再び冷凍することは避けましょう。

解凍後はできるだけ早く消費するようにしましょう。

また、解凍したクッキー生地は生地の状態が変わる可能性があるため、焼く前に再度形を整えることが必要です。

クッキー生地の保存方法をしっかりと押さえておくことで、いつでも美味しいクッキーを楽しむことができますね。

コストコのクッキー生地を効果的に保存する方法をご紹介しました。

冷蔵保存や冷凍保存によって、長期間にわたってクッキー生地を楽しむことができます。

また、解凍も適切に行うことで、焼く前の生地の状態を保つことができます。

 

コストコのクッキー生地をアレンジ!子供と簡単クッキングまとめ

コストコのクッキー生地、「Eat Pastryクッキードゥ」をの商品情報、アレンジレシピと保存方法についてご紹介しました。

こちらの商品は、10〜15分で焼き立てのクッキーが楽しめるだけでなく、生で食べることもできます。

適切に冷蔵保存、冷凍保存をすることで、いつでもすぐに美味しいクッキーを食べられます。

アレンジ次第でさまざまなバリエーションを楽しめるので、家族みんなでクッキー作りを楽しんでくださいね!

未分類
スポンサーリンク
くろしろをフォローする
くろしろブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました